i14_01

コーナーガードに安心クッションが選ばれる理由

こんにちは、イワモトです!

赤ちゃんや子どもを怪我から守るため、家の家具や柱にコーナーガード(ベビークッション)を貼りたいと思っている方必見!

そのコーナーガード、子どもにとって安全なものですか?

家の中には、危ない角がいっぱい

テレビ台やローテーブル、身長の低い子どもがぶつかりそうなところは、家中にたくさんありますよね。とがった角をやわらかいコーナーガードで隠すことで、万一転んでぶつかっても安心。
子どもの安全対策グッズとして、今やコーナーガードは定番ですね。

一派的に使われるのは、この2種類。

柱や家具の角を保護する、長いタイプ。

保育園の着替え袋

テーブルの角のような、コーナー部分を保護するタイプ。

保育園の着替え袋

クッションの厚みも様々で、厚いものだと、こんなにしっかりとした存在感。持っているのは、スタッフの澤です(^^)

保育園の着替え袋

多くの人に選ばれるコーナーガードがあります

当店で販売しているコーナーガードの『安心クッション』は、小さなお子様を持つ全国のいるご家庭から幼稚園・保育園といった子どもが大勢過ごす施設まで、長年たくさんの場所で選ばれています。

保育園の着替え袋

保育園の着替え袋

コーナーガードはたくさんあるのに、どうして『安心クッション』が選ばれるのでしょう?

口に入れたり、舐めても安心だから

赤ちゃんは、目に入ったものを何でも口に入れたり、舐めようとしますね。その度に親はヒヤヒヤしますが、感触などを自分で確かめるのは、赤ちゃんの成長には必要なこと。
だから『安心クッション』は、赤ちゃんが舐めても安心な素材で作られている上、ちぎれにくい加工もしています。万一口に含んでも、害はありません。

保育園の着替え袋

ベビー用品専門でも認められた高品質だから

『安心クッション』は、商品の安全性に厳しい「ベビー用品専門店」でも認められたコーナーガードです。家庭でも安心して使えるよう、安全な素材と品質にこだわって作られているんです。原料も、安心の「国産」!

キレイが長く続くから

『安心クッション』は、人の手で一本一本丁寧に汚れ落としをしてから、表面に汚れ防止のコーティングを行っています。だから汚れにくく、キレイな状態で長く使えます。

以前、『安心クッション』を製造するメーカーさんにお邪魔して、倉庫での手入れや出荷の様子を見せていただきました。
こちらは、表面の汚れを拭き取っているところ。

保育園の着替え袋

こちらは、汚れを落とす前の『安心クッション』。色にムラがなく、発色がキレイです。目に見える部分に取り付けるものだから、見た目がキレイなのも大事ですね。

保育園の着替え袋

「赤ちゃんや子どもを怪我から守るのが最優先だけど、部屋の見た目が悪くなるのは嫌!」そんな方にもピッタリです。

今回の記事でご紹介した
安心クッション
はこちらでご購入いただけます

イワモト

イワモト

6歳・4歳のやんちゃな兄妹を持つ、築浅の戸建てに住む30代女性。仕事家事育児に追われながらも、家の中は毎日できるだけキレイにするよう心掛けてる。物は増やしたくない。20年同じシャープペンを愛用しているほど、物持ちがいい。心配性だけど、「まずは何でもやってみる」が信条。

このライターの記事へ

Keyword
キーワード

Top