musical_instrument_cases_top

楽器ケースの取っ手は自分で修理できる

こんにちは、オオタです!

プロフィールにあります通り、私は楽器演奏が趣味なのですが、私の楽器仲間が楽器のケースの取っ手が潰れてしまい、楽器をもって電車で移動する時にとても困ってました。

通常なら「そんな不便なんだったら新しいの買えよー!背負うタイプとかいいのあるよー!」って思いますけど、ここはDIY商品を扱う者として修理してあげましょー!!(しかもタダで笑)

楽器ケースの、ちぎれた取っ手を直す

楽器ケース

皆様ご存知ヴィンセント・バックのケースです。

楽器ケース

中身はトロンボーンのオープンラップです。それにしてもキタナイなー笑

それで壊れたのは・・・

楽器ケース

↑ここの取っ手がちぎれてます。

これで何が不便かというと、通常は横にして持ち歩きますが、電車に乗った時に横にしたままでは邪魔になるので、当然タテにします。
この取っ手がなければこの楽器ケースをタテにしてだっこした状態で電車を乗り降りしないといけないので、とても不便なんです!

使うのは「カバン取っ手」

そこで今回はこの商品の登場!!

カバン取っ手

カバン取っ手 H-15  m9(`Д´)ビシッ

この商品はタッピングネジとビス・ナットの両方付属していますので、どちらでも取り付けできます。

今回はビス・ナットでとりつけます。
では早速、Do it yourself!!

古い取っ手の金具を外す

古い取っ手の金具
外す

↑ドライバーを差し込んでテコの原理で引っこ抜きます。

古い取っ手の金具
外す

もちろん逆も同じ要領で引っこ抜きます。
この時に、テコの原理の支点の部分がケースを傷つけてしまわないように注意しましょう。

外れた金具

↑抜けた!

金具を外したあと

↑抜けた跡

抜けた金具

↑抜けたパーツ

この画像ではわかりにくいですが、このパーツの尖った先が広がるようになっていて、釘のような尖った部分をケースに刺して、裏側で広げる事によって留まっています。

新しい取っ手をつける

このケースはこのパーツをつけてから裏側の合皮を貼っているので、裏側からは留めている部分が見えてませんでした。

生地をはがす

↑裏側のベロア生地のような部分は接着剤でついているので、手で強引にベリっとはがしましたよ。

そしてキリを使って合皮を貫通させました。

キリで貫通させる

これでビスが通るようになりました!

ビスを通します。

ビスを通す

ビスが通ったら、裏側をナットで留めます。

裏側をナットで留める

逆側も同じ要領なのですが…ここで最大の障害がっ!!!

ケース内の空間に隙間がない

先につけた方は内側が小物入れで空間があったので、裏側をベリっとはがしただけで簡単にナットが取り付けられましたが、反対側は楽器を収納する部分なので内側に空間がなく、簡単にはナットが取り付けられませんでした。

細い空間に入れる

頑張って細い空間に指を突っ込んでナットを取り付けました!
不器用な方は苦労するかもしれませんね笑

ビス留め

ナットが緩んでしまわないようにしっかり増し締めしておきます。

すっかり元通り!

そしたら、まぁーなんてことでしょう!\(^o^)/

取っ手取り付け完了

色は違いますけどすっかり元通り!!

持ち上げても大丈夫

もちろん楽器を入れた状態でも十分重さに耐えていますよー(´∀`)
これで電車移動も不便じゃなくなりますね!

ご自身の楽器ケースも修理したいなーと思ったら、ぜひお試しください♪

今回の記事でご紹介した
カバン取っ手
はこちらでご購入いただけます

オオタ

オオタ

40代、嫁さんと6年生と6才の2人の娘の4人暮らし。 約10年前に購入した建売り一戸建てに住んでいるけどそろそろ色んなとことが修理必要になってきました。 仕事はwebデザインから何から色々やります。 趣味は楽器演奏。吹奏楽でサックスを演奏。たまに指揮者もする。

このライターの記事へ

Keyword
キーワード

Top