i16_01

たった1分!穴のあいた傘を、自分で簡単に修理する方法【より頑丈に強化編】

こんにちは、イワモトです!

先日、穴を塞いで快適になったはずの私の傘ですが、何度かたたんだり広げたりするうちに、一部で補修シートが剥がれかけた状態になってしまいました。
ビニール傘につけた補修シートは、しっかり密着していて取れないのになぁ…(-_-;)

剥がれかけは気持ち悪いので、剥がしてしまいます。

補修シートを剥がす

たたんだ時に剥がれやすいということは、雨が当たっても剥がれてしまうかも。
いつ穴が空いた状態に戻るか分からないような傘は、使えません。なので、補修シートをよりしっかり貼り付けることにしました。

あるもので貼るだけ

『接着剤』を使います。

スーパーX

生地の素材が分からなかったので、だいたい何にでも使える「スーパーX」を用意。屋外でも使えるので、傘にもピッタリ!

補修シートの粘着面に、スーパーXを薄く塗ります。

スーパーXを塗る

私は面倒くさがって使いませんでしたが、スーパーX付属のヘラや、つまようじで接着剤を広げると、見た目がよりキレイに仕上がると思います。
補修シートを貼る内側は自分しか見ないので、こういうところに性格が出ますね(゜∀゜)

作業自体は1分もかかりません。楽チンです。

補修シート

色は透明です。接着剤が手につかないよう注意。

貼った後は24時間、傘を開いたままにする

接着剤を塗った面を生地に当てて、補修シートを貼ります。

傘に補修シートを貼る

スーパーXは完全にかたまるまで24時間かかるので、丸一日開いたまま放置。

穴より少し大きめに切る

これだけです!

何度かたたんだり開いたりしてみましたが、剥がれる様子はまったくありません。
これなら、強い雨が降ってる時にも使えますね。
傘の穴に貼った補修シートが剥がれて困っている方は、是非接着剤をお試しください(*´∀`*)

前回の記事はこちら↓
たった1分!穴のあいた傘を、自分で簡単に修理する方法

今回の記事でご紹介した
傘職人 補修シート透明
はこちらでご購入いただけます

イワモト

イワモト

4歳・2歳のやんちゃな兄妹を持つ、築浅の戸建てに住む30代女性。仕事家事育児に追われながらも、家の中は毎日できるだけキレイにするよう心掛けてる。物は増やしたくない。20年同じシャープペンを愛用しているほど、物持ちがいい。心配性だけど、「まずは何でもやってみる」が信条。

このライターの記事へ

Keyword
キーワード

e-classy!

e-classy!

Sorry. No data so far.

Follow us
フォローしてね

Top