boad3_01

時短DIY!有孔ボードと専用フックでイケてる見せ収納

こんにちは^^
巣作りスタッフのくりすです!

昨年のクリスマスに、子供たちがサンタさんからもらったウクレレ。
(子供たちの「ギターがし欲しい」にサンタが応えてくれました^^;)

boad3_12

こういうのお片付けする場所に悩みます・・・(´;Д;`)

おもちゃ箱には入らない。
壁に立てかけておくと倒れて邪魔。
クローゼットに片づけるとそのもの自体ないことになる。

で、ここは見せながらの収納術を使うことにしましたよ(アブラカタブラ~笑)

「ディスプレイ収納」といえば

「有孔ボード」

じゃないですかっ!!

えっ!?そう思ってるの私だけ!??

思い込みはさておき、
有孔ボードと専用フックを使って、サクッとディスプレイ空間を作っちゃいました~

塗装不要!そのまんまでイケてる感なボードとは?

今回使った有孔ボードは、好みの色にすでに塗装されているタイプ。

「穴あきボード クラシック」です。

有孔ボードは、小さいものなら100円ショップでも手に入るくらい身近なので、無塗装の大きめのボードを買って好みの色に仕上げる、という選択肢もあったのですが、「塗装」となると、ワーママ的には時間とか下準備とか・・・・・ρ(・ω・、)ってなるわけでして^^;

「穴あきボード クラシック」は、濃い目のブラウン。

ちょうど、飾りたいウクレレとの相性も良さそうなのでそのまま使うことにしました。
すでに色がついているので、塗装後乾燥させる時間も要らず、即ディスプレイ用のボードとして活躍してくれます。

この有孔ボードには、ボードのイメージに合う色味で専用のフックがあります。フックも「穴あきボード クラシック」用に作られた真鍮製のフックを使いました。

専用フック、たくさん種類があります。

boad3_02

今回は、ウクレレの

①ボディを下からを支えられそうなもの
②ネックを左右に倒れないよう固定できそうなもの

を選びました。

①真鍮フック 50mm
boad3_04

②真鍮フック L型
boad3_03

ウクレレの大きさに合わせてボードに取り付けると、こんな感じ。
boad3_06

ピン穴が目立たない固定パーツで壁に直に取付け

最近の流行は、壁に穴を開けずに取り付ける“つっぱり系”ですよね。我家もつっぱりタイプの収納スペースはいくつかあります。壁に穴を開けずに収納空間を増やせるので賃貸には魅力☆
ただ、床から天井までの高さを測って木材やポールを準備したりするってなるとやっぱりそれなりの手間が・・・

画鋲の穴レベルなら賃貸でも現状復帰の対象にならないことを知ってからは、壁にピン穴をあけることに何のためらいもなくなくなったワタクシ。今回の有孔ボードも石こうボード用の固定パーツを使って壁に直接取り付けちゃいます!

ボードの取付けに準備したもの

・マスキングテープ
・コイン
・固定パーツ 石こうボード用 黒

boad3_05

まず、固定パーツを取り付ける位置を決めて、マスキングテープでしるし。
boad3_07

次に、ボード上側に上側用固定パーツを取り付ける。
boad3_08

壁に、下側用の固定パーツをコインで押して取り付ける。
boad3_09

下側に取付けた固定パーツにボードを差込み、上側の固定パーツを壁にコインで押して取り付ける
boad3_14

以上!!

か、か、簡単すぎやしませんか!!?

フックにウクレレをのせて
かんせ~~~~~~い d(*´▽`*)b☆

boad3_01

親は、見た目に満足^^
子供は、いつでも遊べて満足^^

子「ギターとって~」
私「これウクレレ言いますねん」

boad3_13

今回の記事でご紹介した
穴あきボードクラシック
はこちらでご購入いただけます

栗栖

栗栖

5歳男の子と3歳女の子のワーママ。現在賃貸マンション住まい。育児の合間に賃貸DIYで自分好みの住まいに改造中。ノスタルジックな雰囲気が好き。 悩んで立ち止まるよりまず行動!をモットーに日々時間に追われながらにぎやかに暮らしています。趣味は書道。でもぜんぜん練習時間なく上達せず。将来はマイ書道部屋をもつのが夢☆

このライターの記事へ

Keyword
キーワード

Top